読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「つよがり」

「つよがり」

 

今まで出会ってきた人の中で、ものすごい強さを、信念を持っていると感じる人に出会ったことはありませんか。

 

私はありました。何度か。そして、その人に憧れ、と同時に、「きっとこの人はずっと強かったんだ」と思い込んでいました。

 

でも実はそうじゃないよね、って想いを改めてふと思ったので、文章にしておこうと思います。

 

今も、周りに尊敬している上司やパートナー、それこそ両親とか。自分の軸となる部分を支えてくれている存在があって、その人たちは指針となってくれているけれども、届かないところに居るように感じていて。自分じゃまだ同等にはなれないと。いつかは届きたくとも。

 

でも、そんな彼らや彼女らにだって、今まで生きてきた上で様々な経験があって。例えば尊敬すべき人じゃなくたっていい。嫌味な上司とか、どうしてもとっつきにくい友人Aとか。そんな人だって今までいろんな道を歩いてきたのでしょう。

その道は、決して平坦なものばかりじゃなかったはず。いつも笑ったり怒ったりしている裏には、いくつもの感情が渦巻いていて、彼や彼女にはそれが最善なのか、自分の為なのか人の為なのか。どれにしたって、何か考えはあるはず、じゃないかな、と思う訳です。

 

長くなってきましたが、つまり何がいいたいのか。

 

今隣にいる友人Aや、なんでもそつなくこなす上司や、大事なパートナー、すれ違った見知らぬ誰かは、笑顔で過ごしていたり、無表情だったり?

でも、その裏には物凄い悲しみや大きすぎる荷物を担いでいるかもしれない、ってこと。

 

考えすぎだと言われれば、それまでだし。何も考えていない人だっているかもしれないじゃないか、と言われれば、そうですね、と答えます。私もいつも物思いにふけっている訳ではありませんもの。

 

もしかしたら、ですよ。もしかしたら。ただの例え話ですよ。

 

もしかしたら、今すれ違った素敵なお人と、数年後にまた再開して、それからずっと続く大切な絆が生まれるの、かもしれない。

 

なんてポジティブ精神もってみるのも面白い、って思いません?

 

わたしは心に余裕を持って、相手の、大げさに言えば人の気持ちを汲み取れる、そんなお人になりたいな。八方美人っていうのかしら。死ぬまでになれないかもしれないけどね。でもそういう想いは持ってたいと思っとります。

 

今ある時間が明日も訪れるとは限らないのですよ。毎日会っている人と、明日も会えるとは限らないのですよ。年を取るにつれて実感するこれらですが、若い人にこそわかっていてほしい。道を間違えないでいて。

 

重たくなってきたのでこの辺で。

それでは、また。ありがとうございました。